lenovo ThinkPad X61購入
0
    ◎lenovo直販より



    さて、待ちに待ったlenovoからの送品がきました。
    先日書きました、「クレジットでのとある買い物」の正体がコレ。
    ThinkPad X61。B5サイズのモバイルノートです。
    納期3週間となってましたけど、1週間ちょっとで到着です。

    箱を開けると




    中身はこんな感じ。
    市販のメーカーPCと違い、余計なプロバイダ案内や使わないソフトのCD-ROMのようなものは一切入っておらず、実にシンプル。
    あるのは最低限の説明書と、電源ケーブル、トラックポイント用の赤いゴム換え、本体。
    使わないものがたくさん入ってるよりはスッキリしてていいですね。

    スペック


    CPU:Intel Core2 Duo T7500 2.20GHz
    メモリ:1GB
    HDD:160GB
    OS:windows vista Home Basic
    画面解像度:1024*768
    無線LAN
    Bluetooth
    指紋センサー
    キーボードライト
    光学ドライブ:なし

    まあ、最近のものとしては至って普通のモバイルノートです。
    重量も軽く、最低限の無線機能、程よいハードウェアパワーで、取り回しは抜群です。
    ただ、スピーカーがモノラルで、加えて音がよくないのが難点かな。
    もともとビジネス向けでエンターテイメントを意識してないってのもあるんだけど、せめてそれぐらいは・・・って思わなくもない。

    本体を開ける




    B5ボディながら打ちやすいまま収まったキーボードは見事。
    Enterの色がアクセントになっていてこれもまたカッコイイのです。

    ThinkPadといえばやっぱり黒いボディ、打鍵感抜群のキーボード、赤いポッチが印象的なトラックポイントですよね。
    今はlenovoが販売しているThinkPadですが、IBM時代から変わってないようにみえて、実は細部で変わってたりします。
    まず、windowsキーができたこと。旧IBMのころはついてませんでしたね。
    クリックボタンもIBM時代は赤と青の線が入ってましたが、今は真っ黒。
    打鍵感については、古くから使っている人たちは安っぽくなったとか言いますが、私にはあまりわかりません。
    先入観のせいか、そんな気もしないでもないですが。



    パームレスト右側にあるのは指紋センサー。
    一見邪魔そうに見えますが、実際に手を構えると実はまったく邪魔になりません。コンピュータにログインする際、パスワードのかわりに指をさっとひとなでするだけでログインが可能になります。
    最初はどの程度の精度か疑問をもってましたが、試してみると誤認識はほとんどありえません。思っていたよりもずっと便利ですよこれ。
    ビジネスユースでロックをかける必要がある場合は役立つでしょう。

    インターフェース





    正面左側の写真。
    USBが1つ、D-sub15ピン一つ、LAN、PCカード、カードリーダがついてます。
    無線LANがついてますので無線環境がある人は気にならないでしょうが、LANを有線で付けると結構位置的に邪魔ですね。横につけるとどうしても幅をとってしまいますから、狭い机などでは使いにくいかもしれません。



    右側です。
    IEEE1394、USB、ヘッドホン、マイク、HDD、電源、モデムがついてます。
    この電源の位置もまた先ほどのLANと同じ理由で邪魔かもしれません。
    右側は特にUSBマウスなどを使う可能性が高い空間なので、そのあたりの配慮があればよかったかな。
    たとえば右側にマウス用のUSB1つ、左にその他を接続できるようにUSB2つにするとかね。



    背面。
    バッテリを付ける箇所で、インターフェースは背面には一切ないです。喫茶店などで背面からも見られる場所ならスマートに見えるかもしれません。



    ThinkPadロゴ。IBMのマークが消えてしまったのが悲しいですねぇ・・・。
    なんか一気にグレードが落ちたような感じがして物足りない・・・



    セントリーノとvistaロゴ。
    OSはwindows vista Home Basicです。
    lenovo直販で安かったのがこのOSのモデルだけだったので、ね。
    BasicにはAeroがついておらず使えないんですが、ぶっちゃけそんな機能あっても使わないのが眼にみえてるので別にこれでいいかと。
    特に気にしていません。

    起動




    所持するPCの中で初のvistaマシンだったのですが・・・
    なんて使えない子だろうというのが感想。
    まず、致命的にOSとして遅い。
    IGBメモリ環境のせいもあるかもしれませんが、この性能をもってしてももっさりするのはOSとして贅肉をかかえすぎてるとしか思えません。
    速攻でクラシック環境にしちゃおうかと思いましたけど、さすがにそれじゃvistaにした意味がないのでもうしばらくは現状維持かな。

    起動したばかりはこんな感じ。



    アプリの挙動一つにやたらと敏感に許可がどうのと反応してきます。
    うざくてしょうがないですね。
    加えて、XPのころ使ってたフリーソフトがほとんどまともに動作しません。
    98SEからXPに移行したときは結構すんなり入れたのに、XPからvistaへの移行は互換性の面でかなり不都合が多い印象。

    今後やるべきこと


    これから必要なことは、
    1、無線LANルータ導入
    2、メモリ増量
    3、バスパワー駆動の光学外付けドライブ購入
    4、環境整備とvistaの使いこなし

    こんなところかな。
    無線LANを入れればベッドで寝ながらパソができるという堕落環境が出来上がります。

    | 22:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    Comment
    管理者の承認待ちコメントです。
    Posted by: - |at: 2008/03/10 11:16 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    Posted by: - |at: 2008/03/12 7:29 AM









    Trackback



    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Archives
    Category
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link