トイカメラ
0
    ◎独特の味わい

    最近の更新内容や記事のネタを見てるとわかるとおり、今猛烈にカメラ、写真に凝っています。
    教えてくれる人もいなければ仲間もいないので、独学でコツコツと勉強中なわけですが、カメラの世界を知ってからというもの、周りの物、風景全てがアーティスティックに感じられ、非常に新鮮な気分に浸ることができます。
    しかし、それなりにいい写真を撮ろうなんて思うと、一眼レフだ、レンズだ、フィルターだとともかく出費がかさみます。実に罪な趣味です。
    ところが、そんなカメラの世界を根底からひっくり返す別の世界があることを最近知りました。
    それが”トイカメラ”の世界です。

    トイカメラ、訳してオモチャのカメラ。オートフォーカスもなければ、ズームや絞り調整もない、ファインダーもない、ましてやデジタルですらない、本当にただシャッターを切るだけのチープなおもちゃ。
    ですが、プラスチックのレンズ越しに写る世界は不思議な色味と歪みをフィルムに焼付け、高画質を追求する最近のデジカメには決して出せない独特の味わいを教えてくれます。

    トイカメラの世界はこちらのサイト様を参照。
    私もここを見て興味を持ちました(*´д`*)

    トイカメラの魅力
    ・本体が高くてもだいたい1万円以下、ほとんどが1000〜4000円程度で買える
    ・デジタルカメラが普及した今、逆にフィルム撮影が目新しい
    ・写りの悪さ、融通の利かなさがたまらない(不便さの楽しみ)
    ・全てをアートに変えてしまう、独特の写真仕上がり


    早速ですが、試しに二種類購入してみました。

    いろんな機種があり、中でも王道とされるのがHOLGA系のものらしいですが、ややお値段が高め(4000円以上)だったので、もうちっと安いものを選択。

    1、パンダカメラ
    110フィルム使用のちっちゃなやつ。ハリネズミカメラと呼ばれ、いろんな動物の絵柄のものがある。
    フィルム付きで1500円程度。

    2、Pinhole Camera
    35mmフィルムが使える。組み立てキット式のピンホールカメラ。写真のものは組み立て済み。
    キットが1800円程。

    果たしてうまく撮影できるのでしょうかw
    フィルムカメラだと試し撮りとかできないから、全部撮りきって現像出して出来上がるまでは結果がわかんないやww
    基本的に光量が十分でないと綺麗に撮れないようなので、次の休日、晴れる日があったら何か撮りにいってみる予定。
    パンダカメラはともかく、ピンホールカメラは手作りに近いし、本当に使えるのかかなり不安・・・(汗
    | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    Comment









    Trackback



    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Archives
    Category
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link