VAIO TYPE PのWindowsXPモデル
0


    ソニー、Windows XP搭載の「VAIO type P」エントリーモデル
    〜最小構成で67,800円


    XP搭載モデル・・・かなり欲しい・・・

     スペックや機能を抑えてOSをWindows XPに変更したエントリーモデル。Vista搭載モデルからメモリは1GBになり、Webカメラを省いた。機能面では、HD動画の再生支援やウィンドウ整列ユーティリティ、VAIO Media plus/MusicBoxなど多くの機能が利用できないが、インスタントOSの「インスタントモード」は搭載される。


    この辺はほとんどいらないのでむしろありがたいほど。
    VAIOがこの値段で買えるならたまらんですよ。
    さらにカスタマイズ限定のオニキスブラックがカッコよすぎる件。
    | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    ThinkPad X61 メモリを増設してみる
    0
      ◎1GBじゃ無理

      X61を使ってみて、やはり気になるのはOSの動作速度。
      自分のデスクトップを凌駕するほどの性能をもちながら、これほどもっさりした動作なのは、vistaが無駄飯食らいなために他ならないわけで…。
      もともとvistaでメモリ1GBはキツイというのはわかっていたこと。
      しかしそれでもThinkPad X61をあえて1GBメモリ仕様で買ったのには訳があります。

      lenovo直販で安かったのは1GBで11万9千円、これを2GBに増設カスタマイズするとプラス10000円かかるんですね。

      ところが、最近のメモリ価格を考えると、10000円もあったら2GBが2枚も買えるんです。もちろんバルク品、動作保証等なしとかその辺は自己責任ですが。
      というわけで、PCパーツショップでノート用DDR2 PC-5300 2GBを2枚購入〜。
      メモリの交換はまったく難しいことはありません。
      裏のネジを2つ外して蓋をあけるとスロットが2つ見えます。
      もともと入ってる1GBを抜いて2GBを変わりに挿入。切り欠きの位置を見れば裏表を間違うことはないでしょう。
      あとは蓋とネジをしめ、電源を入れて正常に起動すればOK。
      ただしvistaの仕様上、メモリは4GB積んでも認識は3GBになってしまいます。
      理由はこの辺を参照してください

      増設した結果、相変わらず起動、終了は遅いけども動作はキビキビしましたね。
      体感速度は上がっています。
      システムチェッカーでメモリ使用率やCPU稼働率を見ると、起動段階で3GBメモリの45%を使用してるのが発覚w
      そりゃ1GBじゃ足りないわなwww

      とりあえずメーカー直で買うよりも安く大量メモリ搭載にすることができました。
      これで性能面では本当に文句なしです。
      | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
      | - | - |

      lenovo ThinkPad X61購入
      0
        ◎lenovo直販より



        さて、待ちに待ったlenovoからの送品がきました。
        先日書きました、「クレジットでのとある買い物」の正体がコレ。
        ThinkPad X61。B5サイズのモバイルノートです。
        納期3週間となってましたけど、1週間ちょっとで到着です。

        箱を開けると




        中身はこんな感じ。
        市販のメーカーPCと違い、余計なプロバイダ案内や使わないソフトのCD-ROMのようなものは一切入っておらず、実にシンプル。
        あるのは最低限の説明書と、電源ケーブル、トラックポイント用の赤いゴム換え、本体。
        使わないものがたくさん入ってるよりはスッキリしてていいですね。

        スペック


        CPU:Intel Core2 Duo T7500 2.20GHz
        メモリ:1GB
        HDD:160GB
        OS:windows vista Home Basic
        画面解像度:1024*768
        無線LAN
        Bluetooth
        指紋センサー
        キーボードライト
        光学ドライブ:なし

        まあ、最近のものとしては至って普通のモバイルノートです。
        重量も軽く、最低限の無線機能、程よいハードウェアパワーで、取り回しは抜群です。
        ただ、スピーカーがモノラルで、加えて音がよくないのが難点かな。
        もともとビジネス向けでエンターテイメントを意識してないってのもあるんだけど、せめてそれぐらいは・・・って思わなくもない。

        本体を開ける




        B5ボディながら打ちやすいまま収まったキーボードは見事。
        Enterの色がアクセントになっていてこれもまたカッコイイのです。

        ThinkPadといえばやっぱり黒いボディ、打鍵感抜群のキーボード、赤いポッチが印象的なトラックポイントですよね。
        今はlenovoが販売しているThinkPadですが、IBM時代から変わってないようにみえて、実は細部で変わってたりします。
        まず、windowsキーができたこと。旧IBMのころはついてませんでしたね。
        クリックボタンもIBM時代は赤と青の線が入ってましたが、今は真っ黒。
        打鍵感については、古くから使っている人たちは安っぽくなったとか言いますが、私にはあまりわかりません。
        先入観のせいか、そんな気もしないでもないですが。



        パームレスト右側にあるのは指紋センサー。
        一見邪魔そうに見えますが、実際に手を構えると実はまったく邪魔になりません。コンピュータにログインする際、パスワードのかわりに指をさっとひとなでするだけでログインが可能になります。
        最初はどの程度の精度か疑問をもってましたが、試してみると誤認識はほとんどありえません。思っていたよりもずっと便利ですよこれ。
        ビジネスユースでロックをかける必要がある場合は役立つでしょう。

        インターフェース





        正面左側の写真。
        USBが1つ、D-sub15ピン一つ、LAN、PCカード、カードリーダがついてます。
        無線LANがついてますので無線環境がある人は気にならないでしょうが、LANを有線で付けると結構位置的に邪魔ですね。横につけるとどうしても幅をとってしまいますから、狭い机などでは使いにくいかもしれません。



        右側です。
        IEEE1394、USB、ヘッドホン、マイク、HDD、電源、モデムがついてます。
        この電源の位置もまた先ほどのLANと同じ理由で邪魔かもしれません。
        右側は特にUSBマウスなどを使う可能性が高い空間なので、そのあたりの配慮があればよかったかな。
        たとえば右側にマウス用のUSB1つ、左にその他を接続できるようにUSB2つにするとかね。



        背面。
        バッテリを付ける箇所で、インターフェースは背面には一切ないです。喫茶店などで背面からも見られる場所ならスマートに見えるかもしれません。



        ThinkPadロゴ。IBMのマークが消えてしまったのが悲しいですねぇ・・・。
        なんか一気にグレードが落ちたような感じがして物足りない・・・



        セントリーノとvistaロゴ。
        OSはwindows vista Home Basicです。
        lenovo直販で安かったのがこのOSのモデルだけだったので、ね。
        BasicにはAeroがついておらず使えないんですが、ぶっちゃけそんな機能あっても使わないのが眼にみえてるので別にこれでいいかと。
        特に気にしていません。

        起動




        所持するPCの中で初のvistaマシンだったのですが・・・
        なんて使えない子だろうというのが感想。
        まず、致命的にOSとして遅い。
        IGBメモリ環境のせいもあるかもしれませんが、この性能をもってしてももっさりするのはOSとして贅肉をかかえすぎてるとしか思えません。
        速攻でクラシック環境にしちゃおうかと思いましたけど、さすがにそれじゃvistaにした意味がないのでもうしばらくは現状維持かな。

        起動したばかりはこんな感じ。



        アプリの挙動一つにやたらと敏感に許可がどうのと反応してきます。
        うざくてしょうがないですね。
        加えて、XPのころ使ってたフリーソフトがほとんどまともに動作しません。
        98SEからXPに移行したときは結構すんなり入れたのに、XPからvistaへの移行は互換性の面でかなり不都合が多い印象。

        今後やるべきこと


        これから必要なことは、
        1、無線LANルータ導入
        2、メモリ増量
        3、バスパワー駆動の光学外付けドライブ購入
        4、環境整備とvistaの使いこなし

        こんなところかな。
        無線LANを入れればベッドで寝ながらパソができるという堕落環境が出来上がります。

        | 22:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
        | - | - |

        W53CA EXILIMケータイ購入
        0
          ◎ケータイ買い替え



          携帯電話を買い換えました。
          今まで使っていたのがA5407CA、買い換えたのがW53CAです。
          前の機種は実に4年以上も使っていたことになります。当時の携帯の中ではずば抜けて画素数の大きい2メガピクセルだったことを理由に買った機種でした。
          そして今回買い換えたW53CA、同じカシオ製の携帯なんですが、この機種はカシオのデジタルカメラのブランド名である「EXILIM」の名前を冠するデジカメ携帯なのです。
          昨年の秋に発売され、値下がりするのをずっと待っていたんですが、ようやく大きな出費をせずに買えるレベルまで下がったので買い替えに踏み切りました。



          EXILIMの名を冠するのはダテではなく、カメラの画素数はなんと515万!
          最近のデジカメが1000万画素を越えることを考えるとそうでもない気もしますが、携帯のレベルで200万画素が平均の中で、これは飛びぬけた数値です。



          広角28mmという画角も、携帯でよく撮影する機会の多い風景や建物、オブジェの撮影に非常に適してますね。

          光学ズームはなし、アップする場合はデジタルズームのみですが、これだけ大きな画で撮れるならトリミングだけでも問題ないかと。
          画面は回して裏返しにすることで普通のデジカメと同じようになります。
          シャッターボタンもAFロック、シャッターとちゃんと2段階で押せるようになっており、かなりデジカメらしい造り。

          本格的な撮影テストはまだですが、さっくり撮った写真をアップ。

          暗所では感度が自動的に上がってノイズが多くなりますが、ブログ用に縮小をかけると殆ど目立たなくなるのでそんなに問題ではありません。
          いろいろ撮影モードもついてるので、使い分けて試してみたいと思います。
          | 22:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
          | - | - |

          Mac Book Air
          0
            ◎世界最薄


            封筒にも入るほどの驚くべき薄さと洗練されたデザイン!
            Appleらしいすばらしい製品が登場ですね。
            薄すぎてバッキリといきそうで怖い感じもしますが、スタイリッシュにカバンにすっと入れられる持ち運びやすさは魅力的♪

            ・・・でも、個人的にはこっちのほうが好きなんだなぁ。Macに浮気はできない私です。
            (↑かなり値段が落ちてて、本気で買おうか悩んでたりします)
            | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
            | - | - |

            うみねこのなく頃にをW-ZERO3[es]で
            0
              ◎起動はするけど



              ひぐらしのなく頃にのように、NScripterで動いている作品はいくつかの手段でwindows mobile上でも走らせることができます。
              ただし、ゲーム毎に特殊なエフェクトや動画が使われていたりしますので、専用の変換ツールが必要なものがほとんどです。
              ひぐらしはW-ZERO3で動かせるように有志が早くから研究してくれたおかげで、ほぼ問題なく走らせることができます。
              ・・・ということは、ほとんど同じうみねこのなく頃にも走らせることができるんじゃないかと思い、試しに変換してつっこんでみました。
              使ったのはLiiとsatool

              結果ですが、起動はするけども完動はせず。

              ひぐらしとは違う特殊なエフェクトや動画挿入もあり、一応動きはしますが途中でフリーズしたり、曲が鳴らなかったり。
              やはりこれも知識と技術ある人が素晴らしい開発をして下さるのを待つしかないのかな。

              参考:エミュレータ W-ZERO3 2ch情報まとめ

              ポケットに「ひぐらし」を
              | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
              | - | - |




              PR
              qrcode

              無料ブログ作成サービス JUGEM

              Profile
              New Entries
              Archives
              Category
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Link